空想考察

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

超高速!参勤交代 感想(ネタバレ含む)※リターンズではありません

今日は少し時間がありましたので、『超高速!参勤交代』をAmazon primeで視聴しました。

 

Amazon fire stick TV は持っていませんでしたが、大きな画面で見たかったので、ふと試しに持っていたHDMIケーブルでPCとTV を接続してみました。

画像が荒くなるかな?と心配でしたが、問題ありませんでした。

何でもやってみるものですね。

ちなみに、prime会員は無料でした。

 

お話としては、弱小藩のお殿様が参勤交代から国元に戻った途端に、あらぬ疑いをかけられて、たった5日での江戸までの有り得ない無理な参勤を命じられるところからはじまります。

 

お殿様はとても人のいい方です。

そんな悪いことなどしていないわけです。

しかし参勤しなければ、大変なことになってしまいます。

参勤しようにも、お金も時間も無い中で、果たしてどうやって江戸までたどり着くか?お殿様も家臣も頭を悩ませるのですが…。

 

面白かったのであらすじはここまでにしておきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

歴史の授業で習った『参勤交代』がいかに大変なものだったのかよくわかりました。

学生時代に見ておきたかったです。

 

映画全体としましては、とてもテンポが良くてあっという間に感じられました。

 

本来ならものすごーく重たい内容になりそうなのですが、全編通して、明るく軽快に描かれています。

 

ほんわかしたお殿様と、小うるさい家老、武芸達者だけれども、明るく口も達者な家臣たち。

 

特に私は、小うるさいが知恵者の家老の相馬さんが好きでした。

 

だって、みんな面倒くさいややこしい問題を清々しいほどこの家老さんに丸投げして、これ以上ないくらい知恵を絞らせるのです。

 

劇中、次から次に難題に直面する一行ですが、痛快なくらい面白く乗り越えて行きます。

 

お殿様とお咲もなんだかとても好感が持てました。

 

こういう本来ドロドロとしたものをほのぼのと描く映画はやっぱり大好きです。

 

リターンズがとても楽しみです。

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog