空想考察

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

シェフ 三ツ星の給食 二話 あらすじ感想ネタバレ含む

f:id:akiwo321:20161018220704j:plain


シェフ 三ツ星の給食 二話 あらすじ

 

給食の現場に戻ってきた星野光子は、様々な給食のルールを知って驚く。

とにかく、シェフとしてフレンチの世界に戻るために、まずは、子どもたちを満足させることが先決だと、美味しい給食を目指して頑張る光子。

ところが、光子が考えた給食は様々な条件をクリアしながらも、手間暇がかかるので、できない!と現場で働く調理員から反対される。

ならばと、光子はひとりで早く出勤し、すべての仕込みをやるようにすることにした。

すると、いつもよりも給食はおいしくなり、子どもたちの給食を残す量が日に日に減っていくのであった。

そんな中、光子に高級ブランドのショップが、レストランを開くので、光子に来て欲しいとのオファーが来ていた。

光子の料理は高級ブランドショップのオーナーに気に入られ、光子は再びフレンチの世界に帰る日が来たのだったが…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


シェフ 三ツ星の給食 二話 感想

 

今回も給食の裏側などが知ることができて、とても興味深いお話でした。

結局、光子は給食の体験をすることは、プラスに働くように見えますね。

だって、給食で求められる鬼ルールは、光子が軽視していたところばかりでしたから。

給食の調理員たちともだんだんと、慣れてきているようですし、やはり光子の料理はおいしいんだろうなと感じます。

食べてみたいですね。

ところで、あの謎の女の子は、光子の子供なのでしょうか?

多分そうなのかな?と思いながら見ているのですが、イマイチあんまりピンと来ないです。

それにしても、子ども達の言葉が、ただの『おいしい』じゃなくて、『最高においしい』じゃなかった事に引っかかって、新しいフレンチレストラン行きを延期するあたりが、星野光子らしいといえば、星野光子らしいですね。

さあ、星野光子は一体どんな方法で、『最高においしい給食』を作るのでしょうね。


今回は、調理員たちにも少しずつ変化が描かれていました。

調理員たちは、調理員たちで光子とは別の意味で軽視していた部分が、あったわけです。

それが、『手間暇かけること』でした。

わかってはいましたが、給食だからと大して大きく考えてなかった部分を今回、光子が丁寧に下拵えをこなす姿を見て、真剣に考えるようになったようですね。


それにしても、ひとりで300人以上の下拵えをこなせる光子は、本当にすごいなと感じました。

一流のシェフになるには、『体力』も本当に大事な要素なのですね。


今回のテーマは天才シェフVS給食の鬼ルールでしたね。

ホントに面白かったです。

では。

 

 

www.akiwo.link

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog