空想考察

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

のだめカンタービレ 最終楽章 前後編 (ネタバレ含む)

 

のだめと、千秋がヨーロッパに行った後の話です。

原作を読んでいたのですが、こんなに実写が良かった映画は初めてじゃないかな。

すごい。

実はドラマは見てました。ただ、映画は正直あまり期待していなくて、見てなかったんですね。

でも、本当にすごかった。

笑えるし、じわじわと泣かせるし、大泣きもさせてくれるし、キュンとともさせてくれる。映画の醍醐味を存分に味わいました。

映像でこんなに心を動かされたのは、かなり久しぶりな気がします。(本当に何年ぶりかしら?)

劇中に入る音楽も多彩で、知っている曲もたくさんありました。

漫画では音楽は聞こえないので、この作品はかなり映像に向いていたのでしょうね。

原作を全て揃えていたのに、売ってしまったのが残念に思います。

また買い直そうかな?

俳優さんたちも皆さんなんだか生き生きして演じていらっしゃる様子でした。

本当に楽しい時間でした。

前後編なので、かなり長いはずなのですが、気が付いたらあっという間に終わっていました。

裏テーマとも言える、音楽と共に生きていく覚悟。

しっかりと伝わりました。

きっと、音楽だけじゃなく何の世界にも通じるものでしょうね。

自分がこれだ!と決めたものと生きていく覚悟。

『イツマデ?』に対する、『ずっと』という答え。

かなり共感できました。

私ものだめのように、『イツマデ?』を心に抱えていますから。

でも、答えは『ずっと』なのですね。

それを繰り返す。

上映から、かなり時間が経っていますが、全く古さを感じませんでした。

のだめはかわいいし、千秋はかっこいいし。ふたりとも本当に原作に似てますね。びっくりします。

映画を見て、すごく良かったので、ドラマを見たいなあと思いましたので、アマゾンビデオで探してみたんですけどね、ドラマはありませんでした。

近くのレンタルショップでものぞいてみたいと思います。

ただ、かなり前の作品なので、あるのかちょっと心配です。

アニメはアマゾンで見られるようでしたが、せっかくなのでやっぱり実写のドラマがみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog