空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

私はこれで顎の肌荒れが治った!(1週間で)

 

明色化粧品 スキンフレッシュナー 170mL

 

ここ数年、顎の肌荒れに悩んできました。

ファンデーションを塗ると、顎の周りだけ粉が吹いたようになってしまう有り様でした。

角質が残っているのかと、ゴシゴシ洗いましたが、症状は一向に解決されず、困っておりました。

 

ゴシゴシ洗うのが良くないのならと、ぬるま湯で洗う洗顔にもしてみましたが、やはり一向に改善されません。

 

そんなとき明白さんのスキンフレッシュナーをお店で見かけて、古い角質落としに使えるかなと、使ってみました。こちらは確かにとてもよく汚れが落ちましたが、決定打にはなりませんでした。(ちなみにスキンフレッシュナーはコットンで顔の中心から外に向かって拭き取ります。後で出てく保湿化粧水と乳液の軽圧塗布法とはちょっと違います)

 

いつも行くドラッグストアのビューティーアドバイザーさんにも顎の肌荒れは指摘されていて、保湿するように言われていました。水分量が確かにかなり下がっていました。

 

保湿が大切ならと、洗顔後に皮膚科でアトピーの時にもらったヒルドイドという保湿の薬を塗っていましたが、それでもダメ。

 

といいますのも、とある情報売買サイトで美肌の情報を買ってみたところ、勧められたのが、ヒルドイドだったんです。

 

ネットで調べてみると、よくヒルドイドを美容目的で使っている人がいるらしく、私も病院でもらった保湿薬だし、ちょうど残っているしと思って、しばらく使いました。

 

でも、全く改善されずじまいでした。

 

その他にも、私はあまりお肌のお手入れが得意では無かったので、オールインワンタイプのジェルを2つほど試しましたが改善しませんでした。(私の顎の乾燥がひどすぎて、せっかくの資生堂のアクアレーベルのオールインワンジェルも、アベンヌミルキージェルも効きませんでした。)

 

そんなとき、またドラッグストアに行ったときに勧められてのが、化粧水でした。

 

その時、はっ!と思ったんです。ヒルドイドってもしかしてオールインワンタイプの保湿剤かと思っていたけど、あれって化粧水成分入ってないんじゃない?と。

 

調べてみたら、その通り。ヒルドイドは乳液の部類に入っていました。

 

なので、とりあえずアクアレーベル バランスアップローション とてもしっとりを買って帰りました。

 

アクアレーベル バランスアップ ローション 保湿・整肌化粧水 (3) とてもしっとり 200mL 【医薬部外品】

朝起きた時はスキンフレッシュナーで顔を拭き取り、アクアレーベルバランスアップローションをつけて、ヒルドイドを乳液代わりにつけるように。夜はお風呂から上がって、スキンフレッシュナーで顔を拭き、アクアレーベルバランスアップローション、ヒルドイドの順につけるようにしました。(この時は手でつけてました)

 

すると、2~3日ほどで水分量が10以上も上がったんです。顎の周りも少し落ちついて来たようです。ビューティーアドバイザーさんからも、お肌が改善されてますね。と言われました。(またドラッグストアで計ってもらいました。)

 

なぜ2~3日位でドラッグストアにまた行ったかというと、ヒルドイドの事を調べていたら、粘膜厳禁って書いてあったんです。

 

…口って粘膜ですよね。それに、ベタつきとテカテカした感じが気になっていたので、アクアレーベルバランスアップシリーズの乳液(エマルジョン)を買いに行ったんです。

 

アクアレーベル バランスアップ エマルジョン 保湿・整肌乳液 (2) しっとり 130mL 【医薬部外品】

 

 

そのときに、コットンでの化粧水と乳液の軽圧塗布法を教えて頂き、実践して5日目!

 

なんと!顎の肌荒れが無くなっているではないですか!

 

朝塗ったファンデーションが夕方でも粉ふき状態になりません。

 

顎つるつるのままです。

 

今行っているお手入れは、

 

朝たっぷりのスキンフレッシュナーをコットンに含ませて優しく拭き取り。

 

500円玉位たっぷりのアクアレーベルバランスアップローションとてもしっとりをコットンに含ませて、頬→おでこ→目周り→鼻→口周り→顎からフェイスラインに優しく塗布してこれを3~4回繰り返す。

 

手に少しアクアレーベルバランスアップローションとてもしっとりを取り、乾燥の特に気になるところにハンドプレス。

 

10円玉くらいたっぷりのアクアレーベルバランスアップエマルジョンしっとりをコットンにつけて、コットンを半分に折って軽く馴染ませて、先ほどの化粧水アクアレーベルバランスアップローションとてもしっとりでやった手順で塗布して終わりです。(乳液はこんなに使うの!?とびっくりされるかもしれませんが、それでちょうどいいのです。)

 

文字に書くと、とてもややこしそうですが、やってみると5分かからずに終わります。

 

夜はお風呂上がりに同じ手順を踏むだけです。

 

コットンを使った塗布法を資生堂さんがわかりやすく動画にしてくれていますので、載せておきます。


コットンの正しい使い方|資生堂

 

私はアクアレーベルとスキンフレッシュナーを使いましたが、もしお手持ちで拭き取り化粧水と、保湿系化粧水と乳液をお持ちなら、一度コットンでの拭き取りや軽圧塗布法も試してみてください。

 

一度、スキンフレッシュナーはお風呂上がりはいらないかなと使わなかったら、化粧水の染み込みが悪い気がして、以来、拭き取り化粧水、化粧水、乳液に固定してます。

 

正しいお手入れをすると、びっくりするくらい早く顎の肌荒れが治ったので、やっぱりちゃんとお手入れするのは大事だなと感じました。

 

私の顎の肌荒れは完全にお手入れ不足が原因だったわけです。

 

すべての顎の肌荒れに対応できる訳ではないでしょうが、私のように乾燥肌で顎が荒れている方にはコットンを上手く使ったお手入れがおすすめです。(乾燥が特に気になる場合は、オールインワンよりも、やはり化粧水と乳液でのお手入れがおすすめです。)

 

ガサガサ顎がつるつるになれて、本当に良かったです。

 

お値段もスキンフレッシュナーは千円以下ですし、アクアレーベルバランスアップローションとエマルジョンはふたつで三千円くらいなので、合計で四千円でお釣りが来ます。そしてどれもたっぷり入っていますので、とても続けやすい価格です。

 

※拭き取り化粧水も、化粧水も乳液もコットンで使う場合は、できるだけ摩擦を減らすためにもたっぷり含ませて使ってくださいね。