ksks.info

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

ヴァカ全開

f:id:akiwo321:20160905085935j:plain




先日美容室に行きました。


これまで行っていた美容室

・とりあえず予約してないで顔を見せると、ガンを飛ばす(他の人のレビューにもそう書いてあったので、気のせいではない)

・何かと売りつけてこようとする

・カットで左右の差がでる

・とりあえず面倒くさそうに接客する(これも、やはりレビューに書かれてた)

・いつも同じ髪型を頼むのに毎回違う

・だめ押しの値上げ

と、あまりに酷いので別の美容室へ行ってみることにしました。


そしたら、そこはもっと酷かったというお話です。

とりあえず、私の使っている物の事をディスり始めて、後は延々自慢話のオンパレード。

はっきりいいます。

接客業やってて、客の話をなんでもかんでもとりあえず否定形で返すのは、どうかと思います。

不快な気分を通り越し、あまりに違う世界観を持つ人間を見て恐ろしくもありました。

その美容師は、嬉々として「殺す。」「殺しまくる。」といったワードを連発する人でした。(もちろん二次元の世界の話でしたが)

それが子持ちの親であることに私はかなりドン引きし、決して同意することはできませんでした。

なぜ初対面の客にそんな言葉が言えるのか?その神経がさっぱりわかりません。

リピーターに困っていないのでしょうか?

少なくとも、私は二度と行くことはありません。

最近の美容学校は接客はあまりおしえないのでしょうか?

本当に40代を超えてくると、美容室難民になってします。


そういえば、こんなお話も。

私、あまりカット中に話したりするのは好きではないので、あえて1000円カットに行ってみたんです。

そしたら、そこの店長らしき人が毎回担当のようになる羽目に。(五十代、なんかリーゼントでいやな予感はした)

まあ、この方もよくしゃべる。

私が甥の結婚式が控えているので、揃える程度でと伝えたのに、「モヒカンとかでいかないと!」と、もはや意味がわからない提案をしてくる方でした。

さらにつける薬が無いことに、ただのショートボブなのに、なぜかこの方にカットされると、次の日から髪がボサボサになり、何のために手間のかからないショートボブにしているのかわからない羽目に。


で、本題です。

タイトルの「ヴァカ全開」ですが、これは私の事です。

なぜなら、私にはちゃんと二十代~三十代に通っていた美容室が有ったのです。

けれども、「太って恥ずかしい」という、ヴァッカヴァッカしい理由で、行くのを止めてしまっていたのです。(ザ ヴァカ オブ ザ ワールド)

なので、早く痩せて元の美容室に行けるようになりたいです。

でも、最近は更年期なのか、甲状腺でも悪いのか、なんか体重の増え方や減り方がおかしいんですよね。

そして、同じ量を食べても、米とブロッコリーやささみなどでは全然体重の数字が違います。

ブロッコリー、にんじん、しめじ、ささみなどを食べれば、痩せますが、米を食べたとたんあっという間に戻ってしまいます。


でも、早く美容室ジプシーを卒業したいので、ブロッコリー生活に戻りたいと思います。

はああ、美容室って難しい。