空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

【ONE OK ROCK】Eye of the Storm インターナショナル版感想など

 

Eye of the Storm [INTERNATIONAL VERSION]

Eye of the Storm [INTERNATIONAL VERSION]

 
Eye of the Storm (通常盤)

Eye of the Storm (通常盤)

 

2/13日にONE OK ROCKのニューアルバム、「Eye of the Storm」が発売されます!

 

今から、ワクワクが止まりません。

 

今回、私はインターナショナル版を購入する予定です。

 

私の中で、もはやONE OK ROCKは洋楽として認識されていますから。

 

ただ、通常版の日本語が入っている部分も気にはなっています。ほんの少しの日本語なのに、そのメッセージ性が非常に強いんですよね。

 

ただ、価格がインターナショナル版が1500円位なのに対して、通常版が3000円位とインターナショナル版がかなりお得なのです。(CD)

 

収録曲で、足りなかったらレコチョクなどでダウンロードしようかなと考えています。

 

で、心配になったので収録曲を調べてみました。

 

通常版が、

  1. Eye of the Storm
  2. Stand Out Fit In
  3. Head High
  4. Grow Old Die Young
  5. Push Back
  6. Wasted Nights
  7. Change
  8. Letting Go
  9. Worst in Me
  10. In the Stars (feat. Kiiara)
  11. Giants
  12. Can’t Wait
  13. The Last Time

 で、インターナショナル版が

1. Eye Of The Storm 
2. Stand Out Fit In 
3. Head High 
4. Grow Old Die Young 
5. Push Back 
6. Wasted Nights 
7. Change 
8. Letting Go 
9. Worst in Me 
10. In The Stars (Feat. Kiiara) 
11. Giants 
12. Unforgettable 
13. The Last Time 

 

と、今回は前回のAmbitionsよりも、収録曲の違いが少ないので、ありがたいです。

 

12番目の曲だけが違うようですね。通常版は、すぐにダウンロード版が日本でも配信されるのですが、インターナショナル版はなかなか配信されないので、今回は、インターナショナル版CDを購入して、通常版の一曲を配信からダウンロードしたいと思っています。

 

ちなみに、インターナショナル版の発売日は2/15で、通常版よりも2日遅い発売になります。

 

今回の曲の中では、Stand Out Fit In 、Wasted Nights、Changeの3曲はすでにオフィシャルミュージックビデオがYouTubeにアップされてます。

youtu.be

 

youtu.be

youtu.be

 

 

 どの曲も良かったので、期待値が高まっています!

もう、本当に楽しみにしています。

 

では!

 

 

追記です!

 

インターナショナル版が届きましたので、感想なども書いてみたいと思います。

 

1. Eye Of The Storm 

インストゥールメンタルではなく、最初っからガッツリ力強い歌ではじまります。

 

2. Stand Out Fit In 

今作のリード曲なのでしょうか。聞き応えばっちりです。歌詞が秀逸です。いろいろな事を考えさせられる、深い一曲に仕上がっています。

やはり、ONE OK ROCKらしい、自分らしくあれ!というメッセージは伝わってきます。


3. Head High 

かなり曲調が変わり、正直戸惑ってしまいました。しかし、ONE OK ROCKらしいメッセージ性の表現方法を変えてみたように感じられました。今作はかなりいろんな挑戦が感じられます。


4. Grow Old Die Young 

こちらも、また随分と雰囲気の違う作品に仕上がっていますね。でも、やっぱり、ワンオク節は炸裂しています。


5. Push Back 

これは、そんなに期待していなかったのですが、初っ端からグッと惹きつけられました。これもまた新しいONE OK ROCKだなあとしみじみ感じました。かなり気に入りました。


6. Wasted Nights 

ONE OK ROCKさんの作る映画曲は特に素晴らしいと思います。キングダムで流れるのがとっても楽しみです。非常に壮大な曲に仕上がってますね。映画館で聞いたら感動すると思います。


7. Change 

変化を恐れるな!と言う力強いメッセージを感じます。

これは、確かホンダジェットとのコラボレーションだったと思います。


8. Letting Go 

これはまた、失恋ソングにも、ファンへのメッセージソングにも、聞こえる不思議な曲ですね。takaの声がエフェクトなしで優しく聞こえるのがいいなと思います。


9. Worst in Me 

この曲はかなり、ライム(歌詞の言葉遊び)が効いていて、面白いと思いました。内容的には、かなりこじれてますね。失恋ソングとして聞くと、8. のLetting  Go で語り尽くせなかった内容を語り尽くしているように感じますね。


10. In The Stars (Feat. Kiiara) 

先ほどまでとは打って変わって、とってもロマンチックな曲に仕上がってますね。up up up , down down down のくだりは特に耳に残ります。


11. Giants 

ロックというよりも、洋楽ポップスとして認識されました。本当に今作はいろんな試みをなさっているなあと、感じます。Giantsの部分がキャッチーですし、せっかくだからジャイアンツの球団ソングになったらいいのに。と思いました。


12. Unforgettable 

これ、taka さんが歌っているのでしょうか?と思うくらい声が違って聞こえます。エフェクトまたは、別のシンガーの方をフィーチャリングしているのでしょうか?それとも、新しいtakaさんの歌い方なのかな?私は結構好きでした。


13. The Last Time 

最後の締めくくりにぴったりな一曲なのではないでしょうか?

 

通常版より

12. Can’t Wait

かなり、let go という歌詞が目立つ曲でした。曲としては怒りに似たものと少し切ないイメージですね。何か焦りのようなものを表現してあるのかな?

 

 

まとめ

今回のアルバムは、本当にいろんな事に挑戦なさっているなあという印象を受けました。特にlet go(手放す)と言った歌詞が散見されて、何かもっと、すごい新しいものを作りたいといったエネルギーのような物を個人的には感じました。あとは、安かったのでインターナショナル版買ってしまいましたが、やっぱり、日本語歌詞部分も聞きたいので、通常版の配信ダウンロードもしてしまいそうです。ちなみに、インターナショナル版には日本語訳はついていませんでしたが、通常版にはついているのでしょうか?それにしても、ONE OK ROCKさんはどのアルバムも聞き応えがありますね。で、インターナショナル版を聞いてこんな事を感じてしまいました。「このアルバム、全部日本語歌詞で聞いてみたいな…。」と。もちろんtakaさんの英語は大好きなのですが、日本語で歌われるtakaさんの声も好きなわけで、多分すごい大変な事なのはわかっているのですが、サビは英語でも良いので、日本語多めで聞きたいです。

 

で、これまでの私のプレイリストにこちらのアルバムからこれらの曲が加わりそうです。

Stand Out Fit In 

Push Back 

Wasted Nights 

Change

Worst in Me

Unforgettable

また、通常版をダウンロードしたら、増えるかもしれません。 

 

Eye of the Storm

Eye of the Storm