空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

市販の封筒に月謝袋を印刷してみた

 

今回作ったお月謝袋2つ

 

4月になり、新しい年度が始まりました。

 

習い事の先生方は新しいお月謝袋を用意する時期ですね。

 

でも、市販のお月謝袋ではなくせっかくならばオリジナルの月謝袋が出来るなら作ってみたいと思いませんか?

 

今回私はどうしても作りたくなったので作ってみました。

 

ただ、私が作りたいのは市販の角形7号の封筒を使ったもので、A4の白い紙に印刷してカットして糊付けして作るタイプではなかったので、ちょっと難しかったです。(どうしても、市販の封筒に直で印刷したかったもので。といいますのも、そこそこ枚数が必要なので、カットと糊付けはしたくなかったもので。あと封筒が丈夫なので。)

 

で、まあやってみたら結構ややこしかったので、備忘録がわりにまとめておきます。

 

今回とりあえず作ったのは↓の2つです。ワードで作りました。

f:id:akiwo321:20190420214133p:plain

 

英語バージョンはこちら。

 

f:id:akiwo321:20190420214246p:plain

 

 

では、画像と共に解説していきます。

 

とりあえず入力モードの設定から

 

f:id:akiwo321:20190421002007p:plain

 

半角や全角、ひらがな、カタカナなどは、右下で切り替えられます。(慣れたらキーボードで出来るようになります)

 

用紙の設定

 

まずは、封筒の用紙の設定からはじめます。

 

普通のページレイアウトでは、今回の市販の角形7号などのサイズの封筒の用紙設定は、ひとつひとつ縦横を測って入力して設定するのですが、今回私は差し込み印刷から角形7号の用紙設定を行いました。

 

f:id:akiwo321:20190420220854p:plain

差し込み印刷から、封筒→角形7号を選びます。

 

すると、

 

f:id:akiwo321:20190420221426p:plain

このように、角形7号の用紙設定になります。

 

このままですと、横方向のままですのでこれをページレイアウト→印刷方向→縦に変えます。

 

 

f:id:akiwo321:20190420222108p:plain

 

すると、

f:id:akiwo321:20190420223142p:plain

縦方向に変わりました!

 

ここから次のステップに入ります。

 


余白の設定

 

ここで、ページレイアウト→余白設定→狭いを選びます。

 

f:id:akiwo321:20190420223647p:plain


ここから、文字の入力、レイアウトに入ります。

 

月謝袋、名前、¥の入力

f:id:akiwo321:20190420225253p:plain

 

センタリング(中央)→文字大きさ28ポイント→ フォント「HGP創英プレゼンスEB」を今回は選びました。

 

f:id:akiwo321:20190420230141p:plain

 

enter→次の行に移ったら、文字大きさを16ポイントに調整します。(このあと出てくる、名前と¥の間も16ポイント開けます。)

 

続いて、enter→センタリング(中央)から左寄せに切り替えて、文字を20ポイントに調整して、スペースをひとつ入れて、「名前」と入力します。

f:id:akiwo321:20190420231133p:plain

 

名前の後ろにカーソルを合わせて、アンダーラインを押して、スペースキーを複数回(17くらい)押してアンダーラインを引いていきます。

 

f:id:akiwo321:20190420231743p:plain

 

enter→文字大きさ16ポイント→enter→文字大きさ20ポイント→アンダーラインの解除→スペース全角ひらがなひとつと半角英数ひとつで、¥マークの入力に入ります。

 

f:id:akiwo321:20190420232540p:plain

 

半角英数から全角ひらがなに戻して、「¥」マークを入力します。

 

また、今度は全角ひらがなから半角英数に戻して、先ほどの名前のアンダーラインの時と同様にアンダーラインを引いていきます。(20回くらい)

 

enter→文字の大きさ10.5ポイント→enterで、次の枠線への工程へ進みます。

 

枠線と月の入力

 

f:id:akiwo321:20190420234231p:plain

 

ここで、アンダーライン解除→文字を16ポイントへ→左揃えからセンタリング(中央)に戻します。

 

f:id:akiwo321:20190420234651p:plain

 

挿入→表→1行×3列を選びます。

 

表が1列できましたら、全角ひらがなに戻して月を入力していきます。

 

f:id:akiwo321:20190420235149p:plain

 

 カーソルを表の右端外側に合わせてenterを押すと、また1列表が増えます。

 
 

そこでホーム→文字ポイントを48に調節して、大きなマス目を作ります。

 

f:id:akiwo321:20190420235914p:plain

 

そして、またカーソルを右端に合わせてenter→文字ポイント16→月の入力とこれを12ヶ月分作ります。

 

f:id:akiwo321:20190421000453p:plain

 

ちょっと寂しいので、ワードアートでアルファベットでも入れてみます。

 

全角ひらがな→半角英数に切り替えます。

 

挿入→ワードアート(お好きなデザインをお選びください)で出てきたボックスにabcと入力します。

 

f:id:akiwo321:20190421002351p:plain

 

f:id:akiwo321:20190421002642p:plain


ボックスの上にカーソルを合わせると十字キーが出てきます。十字キーが出ている状態で動かしたいところにドラッグ(マウスの左側をカチッとクリックするのではなく、押しっぱなしで動かすこと)して移動させます。

 

最後にボックスの上に長く出ている丸の部分にカーソルを合わせて回転させてすこしななめに角度をつけてみました。

 

f:id:akiwo321:20190421003142p:plain

 

 

ようやく月謝袋の文面ができあがりました。

 

いよいよ印刷です。

 

封筒に月謝袋を印刷します

 

ファイル→印刷→プリンターのプロパティへと進みます。

 

f:id:akiwo321:20190421001022p:plain

 

封筒に印刷する時の最大のポイント(月謝袋、集金袋、給与袋等)

それは、プリンターの設定です。

 

ページ設定→印刷方向を180度回転にチェック(エプソンの場合)

(※他のメーカーでも、印刷方向を「反対」または「逆に印刷する」といった項目があると思いますので探してください)

 

f:id:akiwo321:20190421001404p:plain

 

封筒は下から入れる!

 

封筒は下から入れます。開いている方を上にして、プリンターにセットしてください。

 

あとは、プリンターのプロパティ→カラーに設定して用紙種類を封筒に合わせて印刷してください。

 

これで出来上がりです。

 

 

それではお疲れ様でした。

 

 

 

 

( ↑名刺印刷、Wi-Fi印刷、独立インクタンクだったので、こちらのプリンターを購入しました。綺麗に印刷出来て満足です。)

 

以上いかがでしたでしょうか?

 

オリジナル封筒は、挿入でクリップアートを入れたりしてかわいくできますから、いろいろと試してみてください。